海をまもる バスブラシ
海をまもる バスブラシ
海をまもる バスブラシ
海をまもる バスブラシ
海をまもる バスブラシ
海をまもる バスブラシ
海をまもる バスブラシ
海をまもる バスブラシ

「赤カビ予防」は、おまかせ!
バスルームはブラシだけでOK

海をまもる バスブラシは、毛先を特殊ゴムコーティング(ゴムラテックス加工)した「がんこ本舗」の人気ブラシのひとつです。ゴムラテックス加工なので、石けんをつけなくても、浴槽、ふた、洗面器、腰掛け、シャワーホース、すのこ、マット、床・壁、タイル、そして網戸にも…洗剤不要でどこでも洗えます。また、金属メッキやプラスチック、ポリエステル、タイルに陶器など、どんな素材にもゴムがやさしくフィットして、キズつくことを防ぎます。
一般的なお掃除ブラシと比べて毛の量は3倍。軽い力で簡単に、しつこい汚れまで落とせます。
持ち手がしっかりしているので力をいれなくてもお掃除できるのも人気の秘訣。毛先が丈夫なので長持ちします。

 

がんこ本舗のブラシはここが違う!

 
素材 ブラシ部分:特殊ポリエステル、ゴムラテックス
柄部分:ポリプロピレン (耐熱100℃)
手仕上げ
一級品
ひとつひとつ手作業で最高の使い心地に仕上げています。
 

特 徴

ゴムラテックス加工

ゴム加工したブラシは、水だけで汚れをずらし吸着します!土つき野菜の泥落としや薄皮剥ぎだけでなくシンクまわりの掃除にもピッタリ。ザルやすり鉢なども洗剤なしでキレイになります。
最大の特徴はゴム加工によってもたらされたコシの強さ。毛先が拡がりにくいから隅まで洗いやすくて、丈夫で長持ち。だから洗剤もゴミも減らせます。

先割れ加工

キッチン&ベジブラシの毛の根元は通常の他社ブラシと同じ0.4ミリの太さなんですが、「先割れ加工」という技術を用い、ランダムに細かく裂いています。その理由は3つあります。
  1. 毛にゴムをつけるとき、浸した液が毛細管現象といって、細い隙間にたっぷり吸い上げられるので、コーティングがしっかりする。よって、汚れの取りがよくなる。
  2. 市販のブラシと違い力まかせにゴシゴシしなくても箒(ほうき)のように汚れを掻き出す。
  3. 【2】によって掻き出された汚れは、やはり毛細管現象によって吸い取られ、ゴムが吸着して離さない。

手ほぐし仕上げ

最高の使い心地のために、国内製造で毛先のゴム加工を丁寧に1本1本手ほぐし仕上げしています。今では月間の生産量が増えてがんこ本舗スタッフではやりきれなくなったため、やむなくゴム工場にお願いするようになりましたが…この『ほぐし』こそが、この商品の値打ちを決めるポイントです!

使 用 方 法

バスブラシの上手な使い方


  • お湯または水に濡らしてお使いください。汚れたら、まめにお掃除するのがコツです。
    洗剤を必要としないため、滑る心配もなく、湯船の中に入って洗えます。また、鏡や蛇口も傷つけにくく、シャワーホースなどの柔かい部分も得意です。お風呂の蓋やスノコ、サッシの網戸と幅広くお使いいただけます。

  • 溜めてしまって落ちにくくなった汚れには、少量の石けんや洗剤(※)を併用すれば、よりきれいに汚れが落ちます。
    ※「海へ…Step」「森と…Step」を10倍に薄めたスプレーをかけてから洗うと、しつこい汚れも剥がれやすくなります。カビ予防には、クエン酸を薄めた水をスプレーしながら洗うと、梅雨の時期も安心です。

  • 本品が汚れたら、「海へ…Step」等で洗ってください。

キケンな塩素系を使わないカビの除去方法

  1. ●準備するもの
  2. 洗濯用洗剤「海へ…Step」(「森と…Step」でもOK。中性洗剤であること)
    ※「海へ…Step」(40ml)と、水(160ml)をスプレーボトルに入れ、かるく振って混ぜる。
  3. クエン酸 ※クエン酸(小さじ1杯)と水(200ml)をスプレーボトルに入れ、かるく振って溶かす。
  4. 酸素系漂白剤(過炭酸塩100%を推奨)
  5. 海をまもるバスブラシ
※「海へ…Step」希釈スプレーとクエン酸水は防腐剤が入っていないので、お早めに使い切ってください。

  • タイルの目地や樹脂の壁や床に「海へ…Step」スプレーを掃除するところ全体が濡れるほどに吹きつける。

  • 濡らした「海をまもるバスブラシ」に酸素系漂白剤を振りかけて、「STEP1」を軽く全体をブラッシング。
    (過炭酸塩はアルカリ度が高いため、剥離力が重曹やセスキ炭酸ソーダよりも大きく、オゾンと同様に酸素 を放出するため殺菌・消臭・漂白の効果が得られます)

  • その後、「STEP2」の上にクエン酸水をスプレー。
    (過炭酸塩と反応し炭酸ガスが発生します。その発泡効果で汚れを浮かせます)

  • さらに、「STEP3」をバスブラシでこすり、汚れをかき出す。

  • 水を流して洗う、または雑巾で拭き取る。
  • このまま一昼夜経つと、さらに白さが増してキレイになります。ただし注意として、クエン酸は炭酸カルシウムを溶かすので、大理石(人工も含む)には使えません。
 

使 用 上 の 注 意

  • ベタベタの油汚れには不向きです。もし油が毛先にまわってしまったときは、石けんや 洗剤でよく洗ってください。
  • 使い終わったらよく乾燥させ、カビないよう気をつけてください。

海をまもる バスブラシ

1,650
0point

+ −